banner

最新の中古ミキサー

中古ミキサーの大きさも様々そろえられていますから、車にあったものを選びましょう

banner 工事などに使う生コンクリートの量は様々ですから、それに応じてミキサー車のサイズも変わります。
大量のコンクリートが要るときは10トン、少しでもいいときは1トンなどです。
これは後ろのくるくる回っている部分の大きさで決まるのですが、中古ミキサーを利用して大きさが違うドラム部分を載せ換えるということをする人がいるらしいです。
これは安全性から考えてみるととても危険で、ミキサー車の横転や接触事故の多発につながります。
中古ミキサーの大きさも、あったものを選ばないといけないというわけです。
もし横転事故を起こしてしまったとしたら、運転手の責任も問われるので、逆に赤字になることもありえるでしょう。
正しいサイズの中古ミキサーを選ぶときは、このサイトをご利用ください。

元気堂本舗

元気堂本舗

元気堂本舗

元気堂本舗

日大 理事長

関連情報一覧

banner 基本的に、ミキサー車を運転する運転手がベテランになればなるほど、大きなタイプのものを運転できるように

中古ミキサーは車両の弁償のひとつとして使うときもあります

banner ミキサー車って、車両会社が1社ですべて作っているわけではないということ、ご存知でしたか?実は、自動車

大手架装メーカー製の中古ミキサーは、高いほうですね

banner 良い中古ミキサー車があれば買い替えたいと考えていますが、考えるだけでまだ真剣に探していないので良い物

全国の中古ミキサー情報が見れる!かんたん検索で問い合わせも楽々